Bigmouth WEB MAGAZINE

文化CULTURE

モリケンの副業ラジオ Vol.2

モリケンの副業ラジオ Vol.2

ラジオのコラムだったはずがさっそく2話目から脱線。しかも当Bigmouth Magazineでは競合ひしめくラーメンネタ。


生まれてから高校まで静岡、大学からはずっと東京在住の私ですが、今やラーメンといえば「とんこつ」一択。山口出身のカミさんの影響で、福岡へ出張の折にはお土産用のとんこつラーメンへ無意識に手が伸びるようしっかりと手懐けられております。


そんな私、勤務先の本社があるサンフランシスコへ出向くことがしばしば。ピザ!ホットドック!なイメージのアメリカの中では大変レアな食の街、サンフランシスコ。しかし数年通っていることもあり、この小さな街にあるめぼしいお店たちは、ほぼ一周できたかなという感じ。というわけで今回の出張は入国初日、一食目からの「一風堂サンフランシスコ店」、いや、「Ippudo San Fransisco」なのです。発音は、イプドォー。





市内の目抜き通りからほんの少しだけ奥に入るロケーション。ガラス張りのお店の前にはいつも行列ができているのですが、、お、今日は行列できてないラッキー!!とはいえ満席には違いない。しかし諦めることなかれ。実はこの店舗、ウェイティングバーがあるんです。





まずはプレモルをオーダー。在庫処分でお安く出ている日本酒もあったりします。15分後、お呼びがかかり、プレモルを持参のまま、きらびやかーな店内へ。写真を撮り忘れさせるきらびやかさ。Instagramからご拝借。





ごまさばならぬ「Goma-Hamachi」え、こんなの一風堂で頼めるんだ。嬉!





「Yakiniku-Bun」

前菜が炭水化物だって全然いけちゃうからね!後ろに見えますは2杯目のハイボール。スタンディング凍てつきレモンスライス!




「Akamaru」きましたー! 「博多と同じであること」の価値よ!落ち着く~♪出張ウィーク、穏やかに始められそう... そしてお支払いがこれ。






・・・60ドル!え、チップ込だと7500円??いえいえ!高くないんです。米国内ではニューヨークを唯一超える物価を誇る、ここサンフランシスコ。サラダとメイン、グラスワイン1杯でコミコミ100ドル前後がスタンダード。ファミリーマンションの平均価格に至っては1億円を軽く超えてるような街ですからね... 


やっぱり日本で安く旨くが最高!と確認いたした次第なのでした。


https://www.facebook.com/IppudoUS/

https://ippudo-us.com

https://ippudo-outside.net


森田謙太郎(モリケン)
森田謙太郎(モリケン)

森田謙太郎(モリケン) KENTARO MORITA

twitter

1976年生まれ、4歳0歳の父。Talkback Inc.の代表。本職は外資IT企業のマーケティング
担当。静岡のFMラジオ局、K-mix「RADIOKIDS」18時台コーナーで、国内外のライフス
タイルトレンドを毎週紹介。好物のハッピーターンを妻に制限されている。