Bigmouth WEB MAGAZINE

文化CULTURE

お先にととのわせていただきます♨️ 6軒目「天拝の湯」福岡県筑紫野市

お先にととのわせていただきます♨️ 6軒目「天拝の湯」福岡県筑紫野市

6軒目「天拝の湯」 福岡県筑紫野市



筑紫野市・天拝山の中腹、太宰府方面が見渡せる眺望の良い場所に建つ「天拝の郷(さと)」をご存知でしょうか?

以前からビュッフェレストランが人気でしたので、レストランには行かれたことがある方もいらっしゃるかもですね。

現在はコロナの影響で、ビュッフェではない新しいスタイルでのレストランを再開されていますが、こちらにある温浴施設が「天拝の湯」でして、僕も以前から何度も家族でビュッフェを利用させてもらってまして、その際に数回お風呂も利用してました。


さて、そのお風呂が今年の2月頃にサウナを全面改装しまして、

・セルフロウリュできる「さうな天満宮」

・広々とした3段のドライサウナ「さうな鎮守の杜」

という2つの個性的なサウナ室を擁する、福岡のサウナ好きの注目を一挙に集める人気サウナ処へと変貌を遂げました。

https://tenpainosato.com/sauna


熊本に「湯らっくす」という、全国のサウナ好きから「西の聖地」とまで崇められる温浴施設がありますが、その湯らっくすの設計に携わった設計士の松山真介さんが、こちら天拝の湯のリニューアルも担当されるということで、改装が終わる前からソワソワして待ってました。



ま、基本的にはスーパー銭湯的な施設ですので、例えばウェルビーとかしきじとか北欧とか、そういう有名サウナに漂う「サウナ好きの巡礼地」みたいな謎の空気感もなく、料金的にも大変お手頃です。

たしか平日大人税込770円。

僕が行った時は回数券10枚が5000円で買えるというナイスタイミングだったので、思わず回数券を購入して、その後コロナでの休止期間などを挟みましたが、その回数券も残りわずかです。


いやぁ~色々とたまんないんです、ここ。


まず浴場に入ったら、体をキレイに洗いますよね。

そのシャワーの水圧が、まずヤバいです。

痛いぐらいの水圧です。

シャーーじゃなく、ヂャアアアアア!!です。

たまにシャワーヘッドを暴れさせてるじいさんいます。


それから、たくさんある洗い場の中で、たぶん2席分だけ馬油のシャンプー類の席があって、それを使うと異様にしっとり仕上がります。

例えば嬉野温泉の泉質ってヌルッとしますけど、なんかあんな感じです。笑

僕は毎回その席狙ってます。


そしてサウナ室入りましょうか。

まずは「さうな天満宮」ですが、とりあえず暗いです。

歓楽街のわかりにくい場所にある、会員制バーぐらい暗いです。

昼間だと、はじめは目が慣れないかもです。

サウナマットを敷いて座ってると、どこからか非常に小さな音で神社とかで聞こえる祝詞(のりと)のような、雅楽のような、かすかなBGMが聴こえてきます。

不思議と子供の頃に感じたような、懐かしい感覚が迫ってきます。

これが意外と良くって、暗いし静かだし、目を閉じて自分と向き合うには最高のBGMなんです。


「オマエは、これまで頑張って来れたか?」

 「いや、まだまだです」


「子供の頃に思ってたようなオトナにはなれたか?」

 「いや、全然です」


「じゃあ、何が足りなかったんだ?」

 「よく分かりませんが、平日の昼間から、仕事もせずにこういう場所にいるようなとこですかねぇ」


みたいな自分の中での会話が聞こえてきそうです。


こちらの部屋はセルフロウリュできますので、たまにジュワ~~って音とともに湿度の波が押し寄せてきて、滝のような汗が全身から噴き出し身体中が浄化されるようです。

湿度・温度・暗さ・静けさ、欲しいものが揃った極上の空間です。




これが、僕が5000円で買った回数券。

買った時に撮った写真なので、まだ厚みがありますね。

今年の2月か3月に買ったものなので、なんと有効期限は約3年!なが!

この有効期限の長さって、施設側の優しさの表れであり器の大きさでもありますよね。


さてサウナを出て、天然水の水風呂で体をキッと冷やして、露天の外気浴スペースへ。


ふはぁ~。。


天拝の湯は高台にあるので、眺望も最高です。

遠くに太宰府方面が望めて、九州国立博物館(たぶん)も見えます。


続いてもうひとつのサウナ「さうな鎮守の杜」に入ります。

こちらは一転、室内も明るくってテレビもあります。

ま、よくあるタイプのオーソドックスなサウナですが、ただ一点、かなり個性的な面がありまして。。



サウナ室内に、鳥居があります。



鳥居の元には、サウナストーンが祀ってあります。笑



つまり、サウナの神が宿ってるのでしょう。

確かに厳かな雰囲気が漂ってるという面では、稀有な存在の温浴施設です。

まさに身も心も洗われるよう。

ま、身はさっき自分で洗いましたけど。馬油ボディソープで。


外だけじゃなく、室内にもフラットになる休憩用のデッキチェアが4~5脚スタンバイしてまして、よそのサウナでよくある、休憩したいけどイスが空いてないから呆然と水風呂の縁に佇む時間は皆無です。

この休憩スペースの豊富さは特筆モノです。

ありがたい。



福岡にお住いのみなさん、ぜひ一度体験してみてください。

安くて、広くて、サウナ極上で、水風呂は天然水で、休憩スペースもたくさんあって、眺望もよくって、馬油シャンプーも使える。

こんなサウナ、たぶん日本中で探してもなかなか無いですよ。

あー、また明後日ぐらい行こうかな。。





天拝の湯

住 所:福岡県筑紫野市天拝坂2-4-3

電 話:092-918-5111

営業時間:8:00~22:00(受付21:00まで)

休 み:毎月第2火曜日


番外編「ステイホームが僕に資格を取らせた」福岡市南区筑紫丘

ナカムライダー
ナカムライダー

ナカムライダー NAKAMURIDER

instagram

1971年生まれ
蟹座AB型三男のサガン鳥栖サポーター 
カレーとビールとフェスとサッカーとネコがスキ
福岡市在住
CMディレクター・サウナ・スパプロフェッショナル(管理士)