Bigmouth WEB MAGAZINE

文化CULTURE

キング・オブ・ムービー『WAR ウォー!!』日本公開・九州では7/24KBCシネマにて公開!栗田善太郎レビュー

キング・オブ・ムービー『WAR ウォー!!』日本公開・九州では7/24KBCシネマにて公開!栗田善太郎レビュー

映画にリアリティーを追求してしまう癖がある。

それが映画を楽しめない足枷になることがある。


不可解なシーン(布石)

重要人物の死(ブラフ?)

俺は気づいてたもんね!的に観てる。


逆に布石やブラフになっていないと、

じゃあ、あのシーンは何だったのか?とか

このシーンは無駄だなぁ、とか作り手サイドで観てる事も。


そういう長年積み重ねた深読み癖や、審美眼をぶっ壊してくれる作品が

インド映画には多い。


『WAR ウォー!!』もそうだ。

何故今作がキングオブムービーなのか?

昨年世界で一番映画が量産されたのはインドらしい。

ハリウッドや中国を凌ぎ、大国インドでインド映画No.1の興行収入を記録。

まさに、キングオブムービーに相応しい。


そして、内容は超アクション映画。

歴代のアクション大作のオマージュ満載!

007、ミッション・インポッシブル、フェイス/オフ、ワイルド・スピード、バッドボーイズetc…

スパイ物、バディ要素、美女・・・


そしてインド映画といえばダンス歌唱シーン

ストーリーには関係なく所謂サービスw

凄いクオリティで全世界再生回数2億回超え。


主役アクションスターの2人は最近ではありえないデカイ、マッチョ。

ヴィン・ディーゼルとドウェイン・ジョンソン?

いやスタローンとシュワちゃん?

だけ出てるイメージw


でもね、、2時間半なのがインド映画・・

ハリウッドの80~90分とは真逆。

全てが過剰で長尺なのはインド映画のサービス精神。

映画とは最高のエンターテインメントであることを証明してるとも言える。


これを楽しめるかどうか?

真の映画好きかどうか?が問われる!!

なんてまた深読み癖が、、

色々考えないで、ただただ見れば良いのだ。

映画ほど非日常を味わえるものは無いのだから!





WAR ウォー!!


【スタッフ】監督:シッダールト・アーナンド/製作:アーディティヤ・チョープラー/ベンジャミン・ジャスパー/原案:アーディティヤ・チョープラー、シッダールト・アーナンド/脚本:シュリーダル・ラーガヴァン、シッダールト・アーナンド/台詞:アッバース・タイヤワラー/音楽:ヴィシャール・シェーカル/作詞:クマール/プロダクション・デザイン:ラジャット・ポッダール

【キャスト】リティク・ローシャン/タイガー・シュロフ/ヴァーニー・カプール/アーシュトーシュ・ラーナー/アヌプリヤーニー・ゴーエンカー

WAR © Yash Raj Films Pvt. Ltd.


2019年/インド映画/ヒンディー語/カラー/スコープサイズ/151分

原題:WAR/日本語字幕:藤井美佳/映倫:G/war-movie.jp

配給:カルチュア・パブリッシャーズ/配給協力:インターフィルム/宣伝:アティカス

https://war-movie.jp 
https://kbc-cinema.com
栗田 善太郎
栗田 善太郎

栗田 善太郎 ZENTARO KURITA

facebook instagram twitter

1971年福岡市生まれ。大学時代からラジオ制作に携わる。
2015年 cross fm特別番組『HAPPY HOUSE 〜 The Family's Starting Point〜』で民間放送連盟賞 第11回日本放送文化大賞グランプリ受賞
2018年 CROSS FM特別番組『Let the Good Times Roll!!』が平成30年日本民間放送連盟賞 ラジオエンターテインメント番組部門で、最優秀賞を獲得。
現在はCROSS FM URBAN DUSK、CROSS FM MUSIC AMP、NHK 六本松サテライトを担当。
BIGMOUTH WEB MAGAZINE編集長
SpotifyのPLAYLIST→ http://urx3.nu/Rl6I