Bigmouth WEB MAGAZINE

文化CULTURE

10月11日公開 映画『イエスタデイ』

10月11日公開 映画『イエスタデイ』

『昨日まで、世界中の誰もが知っていたビートルズ。今日、僕以外の誰も知らないー。』

というキャッチコピーが見事で、これだけでも充分魅力的なのはビートルズだからだろう。

しかも監督がダニー・ボイルであれば尚の事。

言わずもがな、『トレインスポッティング』の1・2で我々の20年分の青春を描いてくれた。


音楽とは??

なんてことは人それぞれ。

でも音楽がカルチャーの中で高みを目指し、世界中のリスナーがカルチャーとして捉えていた頃とはもしかすると今は違うのかもしれない。

でも捉えられ方は違っても音楽は無くならないし、現在も大きなビジネスであることにも変わりは無いだろう。

しかし、1枚のアルバムを友達と貸し借りしたり、お気にりのMIXテープをシェアする体験はもう無い。

想像よりも体験が勝り、アルバムは聴いてないけど、ライブには行きたい!という人は増えたようだ。

音源よりも、ライブ会場で買うアーティストグッズである。

なにがわるい??

ただ、想像する時間が短くなってるのは、愛が薄まってるように感じてならない。

つまりは、ダニー・ボイルなら間違いないということだ。

ジョン・カーニーが撮ったらとも思ったが、、彼にはU2物を撮ってもらおう。


現代を代表するアーティストとしてエド・シーランがいて、

ビートルズと対決する構造でもある。

ここが面白くて肝なんです。

先程から書いていた、時代によっての音楽の捉え方の違いが描かれています。

脚本はリチャード・カーティス。

『ラブ・アクチュアリー』『ブリジット・ジョーンズの日記』『ノッティングヒルの恋人』などでラブコメで有名なのですが、

『パイレーツ・ロック』で監督脚本をしていた音楽愛に溢れた人。

『パイレーツ・ロック』のお陰でどれほどラジオDJとしての信念を学べたか、、

ワタシ的には『トレインスポッティング』×『パイレーツ・ロック』な映画がこの『イエスタデイ』なのである。


今作も基本はラブコメであるという所が秀逸で、所謂ビートルズマニアにだけ届けていない。

しかし、究極のビートルズ愛が描かれています。

誰とでも、どんな人も観ればハッピーになれちゃう映画って、やっぱり必要だと思います。


日本のラトルズ、博多の宝ゴーグルズのセシル・ゴーグルによるレビューも是非読んでみて下さい。

セシル・ゴーグルが観た映画『イエスタデイ』


©2019 UNIVERSAL STUDIOS


製作・監督:ダニー・ボイル 製作・脚本:リチャード・カーティス 製作:ティム・ビーヴァン、エリック・フェルナー

出演:ヒメーシュ・パテル、リリー・ジェームズ、エド・シーランほか

公式HP:yesterdaymovie.jp


10.11(金)公開 UCキャナル、T・ジョイ博多、UC福岡ももち他


栗田 善太郎
栗田 善太郎

栗田 善太郎 ZENTARO KURITA

facebook instagram twitter

1971年福岡市生まれ。大学時代からラジオ制作に携わる。
2015年 cross fm特別番組『HAPPY HOUSE 〜 The Family's Starting Point〜』で民間放送連盟賞 第11回日本放送文化大賞グランプリ受賞
2018年 CROSS FM特別番組『Let the Good Times Roll!!』が平成30年日本民間放送連盟賞 ラジオエンターテインメント番組部門で、最優秀賞を獲得。
現在はCROSS FM URBAN DUSK、CROSS FM MUSIC AMP、KBC MUTE RADIOを担当。
BIGMOUTH WEB MAGAZINE編集長
SpotifyのPLAYLIST→ http://urx3.nu/Rl6I