Bigmouth WEB MAGAZINE

音楽MUSIC

Kan Sano 『Ghost Notes』リリースツアー

Kan Sano 『Ghost Notes』リリースツアー

5月に私の担当番組CROSS FM URBAN DUSKで1番OA されたのはのは間違いなくKan Sanoだった。

5/22にリリースになったアルバム『Ghost Notes』はまさに今の世界の音楽シーンにおいて重要作品だったことは間違いない。

現にトム・ミッシュが自身の来日ツアーの東京と韓国ソウルのライブのオ-プニングアクトに選んだほどだ。

昨日からスタートしたアルバムリリースツアーは大阪・東京ではソールドアウト。

来週からは九州ツアーで佐賀・長崎・熊本、そして福岡に。9都市中4箇所九州って嬉しいことです。福岡はチケット残りわずかとのこと。迷ってた方はお早めに。




全国9都市でリリースツアーを敢行!

6/ 7  (金) 大阪 CONPASS  Guest Act : 中村佳穂

6/ 8  (土) 愛知 Live & Lounge Vio  Guest Act : Shin Sakiura

6/13 (木) 佐賀 Loretta

6/14 (金) 長崎 Club BETA

6/15 (土) 熊本 LIVE & DINING 酔ing -Swing-

6/16 (日) 福岡 kawara Cafe & Dining -FORWARD-

6/22 (土) 東京 Shibuya WWW

6/29 (土) 石川 金沢21世紀美術館 シアター21

7/7   (日) 北海道 札幌PROVO

http://kansano.com/live/2019/tour_ghostnotes/






【Kan Sano】

http://kansano.com/

キーボーディスト、トラックメイカー、プロデューサー。バークリー音楽大学ピアノ専攻ジャズ作曲科卒業。リリースした 4 枚のソロアルバムや、メンバーとして参加している松浦俊夫 presents HEX は国内のみならずアジア、ヨーロッパで もリリースされ話題となり、FUJI ROCK FESTIVAL、RISING SUN ROCK FESTIVAL、朝霧 JAM、Monterey Jazz Festival、フ ランス World Wide Festival など国内外の大型フェスに出演。新世代のトラックメイカーとしてビートミュージックシーンを牽引す る存在である一方、ピアノ一本での即興演奏ライブも展開。ジャズとクラシックを融合したような独自のスタイルが話題となっている。プロデューサー、キーボーディストとして Chara、UA、SING LIKE TALKING、土岐麻子、大橋トリオ、藤原さくら、 RHYMESTER、KIRINJI、m-flo、iri、向井太一、SANABAGUN、Seiho、青葉市子、THREE1989、Mrs. GREEN APPLE、 Shing02、そして Madlib、Melanie De Biasio といった海外アーティストまで、国籍もジャンルも越えてライブやレコーディング に参加。さらに TOYOTA、CASIO などの CM 音楽や LINE とのコラボ曲リリース、J-WAVE のジングルなど、様々な企業に楽曲を提供。また 2016 年、七尾旅人、Michael Kaneko らを迎え、自身のボーカル曲も多数収録した 3rd アルバム『k is s』をリリース、 「CD ショップ大賞」を受賞し、現在もロングセールスを記録中。 “Kan Sano” の名は、様々なシーンに破竹の勢いで浸透中!


栗田 善太郎
栗田 善太郎

栗田 善太郎 ZENTARO KURITA

facebook instagram twitter

1971年福岡市生まれ。大学時代からラジオ制作に携わる。
2015年 cross fm特別番組『HAPPY HOUSE 〜 The Family's Starting Point〜』で民間放送連盟賞 第11回日本放送文化大賞グランプリ受賞
2018年 CROSS FM特別番組『Let the Good Times Roll!!』が平成30年日本民間放送連盟賞 ラジオエンターテインメント番組部門で、最優秀賞を獲得。
現在はCROSS FM URBAN DUSK、CROSS FM MUSIC AMP、KBC MUTE RADIOを担当。
BIGMOUTH WEB MAGAZINE編集長
SpotifyのPLAYLIST→ http://urx3.nu/Rl6I