Bigmouth WEB MAGAZINE

音楽MUSIC

I Will Share You Vol.4

I Will Share You Vol.4

おすすめ洋楽新作を取り上げるCOLUMN『I Will Share You』4回目女性シンガーの2人を紹介します。


先ずはアラバマ・シェイクスのブリタニー・ハワードが初のソロアルバム『ジェイミー』を日本先行で9月18日にリリース!今週アルバムからアルバムからの第2弾シングル「ステイ・ハイ」がミュージック・ビデオとともに公開された。



「このミュージック・ビデオは私の故郷、アラバマのアセンズで撮影したの。実際に出演しているのは家族や友人たちなの」とブリタニーは話しており、父K.J.ハワードに捧げられている。17時きっかりに仕事を終え家族の待つ家に戻る工場勤務の父親の姿が描かれ、全米人気TV番組「アメリカズ・ゴット・タレント」の司会をつとめるテリー・クルーズが出演している。ドラマの役の影響で“よき父親”のイメージで親しまれているクルーズに、ブリタニー自らメールで出演依頼をしたのだという。



6月25日に公開された第1弾シングル「ヒストリー・リピーツ」のジャケットには、幼少時のブリタニーと姉ジェイミー姉妹の写真が使われている。


「でも、アルバムの内容は姉についてではなく、自分についてのもの。私は自分自身のことや自分が何者であるか、何を信じているかについてかなり率直なの。だからこのアルバムは独りで作る必要があったの」

新譜には以前から書きためていたものや書下ろし含め全11曲を収録している。「これほど自分をさらけ出すことは手ごわいものがあった」とブリタニーは認めているが、現在30歳の彼女はこのまま50歳まで同じ曲を歌い続けてリタイアするのか、それとも怖いと思うものに挑戦するのか思いをめぐらしたという。アラバマ・シェイクスでの活躍により、音楽界きっての著名人の仲間入りをし愛すべきアイコンとしてオバマ政権時代のホワイト・ハウスからグラストンベリーのピラミッド・ステージ、ポール・マッカートニーに招かれ一緒に歌ったロラパルーザ等、あらゆる経験を重ねてきたブリタニー。「私にオフの時間はない。自分は何かを作っている必要があるの。そうでないと何かヘンな感じがして、豊かな人間でいられない気がする」とコメントしている。


バンド・メンバーにはアラバマ・シェイクスの盟友ベーシスト=ザック・コックレル、現代ジャズ・シーンを牽引するロバート・グラスパーと凄腕ドラマー=ネイト・スミスという最強メンバーが名を連ねる。トラック7「13thセンチュリー・メタル」は、グラスパーとスミスのスタジオでのジャム・セッションから誕生した曲なのだという。またトラック5にはノラ・ジョーンズやマデリン・ペルー、メイシオ・パーカーやジョン・スコフィールド等信頼あついキーボーディスト、ラリー・ゴールディングスが参加している。ミックスは『サウンド&カラー』でグラミー賞を受賞したショーン・エヴェレットが手掛けている。 記念すべきソロ・デビューとなった新作をひっさげての北米・ヨーロッパ・ツアーが8月17日から10月にかけて行われる事も発表された。アラバマ・シェイクスでの活動からソロとなり、未来にむかって新たな1歩を踏み出したブリタニー。その心揺さぶる魂の歌唱が世界に解き放たれる。


アラバマ・シェイクスの2016年12月の来日ツアーでは福岡DRUM LOGOS公演も。

あの日のあのライブがいつも見ている会場とは全く思えない音と照明の良さに感動したのを今でもはっきりと覚えている。

ソロアルバムリリース後来日してくれるのか??期待が膨らむ。


続いてはYUNA

前作『チャプターズ』がビルボード"2016年のベストR&Bアルバム”7位に選ばれたストリーミング世代のR&B歌姫、期待高まる3年ぶりの新作『ルージュ』が先週リリースとなった。


1986年マレーシア生まれのYUNAは14歳から故郷クアラルンプールのジャズ・カフェや喫茶店で演奏をスタート。すぐさまSNSで話題になり、マレーシアのグラミー賞と言われる Anugerah Industri Muzikで2010年、最優秀新人賞や最優秀楽曲賞といった主要部門含む4部門で受賞。アーティスト活動と並行して、法律を学び、ファッション・ブティックを設立し話題を呼ぶ。アーティストとしてもYouTubeなどにアップしていた音源が世界中で注目を浴び始め、DefJamレコードの創立者であるラッセル・シモンズなどアメリカの有名アーティスト達が絶賛。2012年に満を持してファレル・プロデュースの下全米デビューを果たしている。



また、『ルージュ』からの先行シングル「ブランク・マーキー ft. Gイージーは全国FM6局にて7月度のパワープレイに決定。九州ではここ福岡CROSS FMとFM熊本がこの曲をチョイスしている。アルバムにはほかにもリトル・シムズ、タイラー・ザ・クリエイターやMIYAVIもフィーチャーされている。



来日も決定していて横浜赤レンガ地区野外特設会場で行われるLocal Green Festivalに登場する。

https://localgreen.jp/





栗田 善太郎
栗田 善太郎

栗田 善太郎 ZENTARO KURITA

facebook instagram twitter

1971年福岡市生まれ。大学時代からラジオ制作に携わる。
2015年 cross fm特別番組『HAPPY HOUSE 〜 The Family's Starting Point〜』で民間放送連盟賞 第11回日本放送文化大賞グランプリ受賞
2018年 CROSS FM特別番組『Let the Good Times Roll!!』が平成30年日本民間放送連盟賞 ラジオエンターテインメント番組部門で、最優秀賞を獲得。
現在はCROSS FM URBAN DUSK、CROSS FM MUSIC AMP、KBC MUTE RADIOを担当。
BIGMOUTH WEB MAGAZINE編集長
SpotifyのPLAYLIST→ http://urx3.nu/Rl6I