Bigmouth WEB MAGAZINE

音楽MUSIC

ラストめんたい!福岡Punkシーンの雄、the PRACTICE 3rdアルバムリリース!

ラストめんたい!福岡Punkシーンの雄、the PRACTICE 3rdアルバムリリース!

2002年の結成以来、福岡パンク・シーンのダーティー・メロディック・サイドを支え続けるthe PRACTICE。

6年振りのアルバム『Flowers in your dustbin』が9月11日にリリース!


ラストめんたいを称する訳は一聴すれば解ると思う。

ソリッドでヒリヒリさせるサウンドに、媚びてなるものか!という精神性。ちゃんと辛くてハマれば虜になってしまう。


めんたいロックの精神性はプチ都会になってしまった福岡では最早消えつつあり、

大分に飛び火していると私は思う。

hotspring、Droog、go!go!vanillas、the twenties、そしてSIX LOUNGEと勢いは増すばかり。


やはり、ロックやパンクの精神性の背骨は枯渇感だろう。

これが今の福岡には無い、、、、


この事が良いことかどうかは別にして、ロックとして魅力があるのは大分発のバンドのサウンドだ。

でもちゃんと繋がっている事の証明と、若返ったthe PRACTICEが活動し続ける事が大きな勇気を与えてくれるのだ。

火は消さねぇと。サンクス!パンクス!


アルバム10曲中3曲で松田CHABE岳二がパーカッションで参加しているという今作。フレッシュさだけでない魅力も勿論携えている。



Punkの地平、Rockの調和、Voice of a generarion、ラストめんたいとしての自負。その全てを詰め込んだ本作では、よりソウルフルに歌い上げるボーカル、一層深みを増したオルガン、フラッシュバックしそうなギターサウンドでブリティッシュビー卜やOi!へのエチケットをも再確認。ベース、ドラムのリズム隊は一切の無駄を省いたスーパータイトゥンスタイルでバンドの骨格を支える。何度目かのメンバーチェンジにより組織の若返りに成功した超フレッシュなメンバーで制作された本作は、お家芸であるClashyサウンドを基本にしたオリジナル現行クラシカル・パンクロック・ナンバー9曲と本家THE CLASHのカバーを収録!!

“Flowers in your dustbin"心にごみ溜めを持ったすべての糞野郎共に花束を。


福岡Punkシーンのダーティー・メロディック・サイドを支え続けるthe PRACTICE、6年ぶりのアルバムがキリキリヴィラから発売!

the PRACTICE『 Flowers in your dustbin』
9月11日発売 CD
KKV-090 
2,000円+消費税

収録曲

1. FCPM ACAB

2. We Sing

3. Yuck Fou

4. Saints Of Degeneration

5. The Reason That We Run

6. 2017

7. Dudes Like You

8. Had A Hole

9. Otherwise

10. Charlie Don’t Surf

購入はこちら


the PRACTICE OFFICIAL WEB

栗田 善太郎
栗田 善太郎

栗田 善太郎 ZENTARO KURITA

facebook instagram twitter

1971年福岡市生まれ。大学時代からラジオ制作に携わる。
2015年 cross fm特別番組『HAPPY HOUSE 〜 The Family's Starting Point〜』で民間放送連盟賞 第11回日本放送文化大賞グランプリ受賞
2018年 CROSS FM特別番組『Let the Good Times Roll!!』が平成30年日本民間放送連盟賞 ラジオエンターテインメント番組部門で、最優秀賞を獲得。
現在はCROSS FM URBAN DUSK、CROSS FM MUSIC AMP、KBC MUTE RADIOを担当。
BIGMOUTH WEB MAGAZINE編集長
SpotifyのPLAYLIST→ http://urx3.nu/Rl6I