Bigmouth WEB MAGAZINE

音楽MUSIC

Suchmos 『THE LIVE』@横浜スタジアムレポ

Suchmos 『THE LIVE』@横浜スタジアムレポ

昨年11月に横浜アリーナで行われた『Suchmos THE LIVE YOKOHAMA』で発表された横浜スタジアム単独公演。

横浜アリーナで会場にいるファンと共にその発表に興奮したのを覚えている。


12月には紅白出場、春にはアルバム発売と全国アリーナツアー、そして9月に横浜スタジアム。

2013年結成のSuchmosのこの凄いストーリーをバンドと共に体感出来るのだ。

しかし、バンドの重要なピースであるベースのHSUの体調問題によるアリーナツアーの延期振替。

アジアツアーキャンセル等、春からのSuchmosにはまだまだ超えるべき事があった。

7月に振替となった『Suchmos ARENA TOUR 2019』奇しくもファイナルとなった福岡国際センターは生放送でアンコールのみ観させてもらった。

しかし、見事に乗り越えたその日のステージの充実ぶりは終演後のメンバーの顔で存分に伝わった。


そして夢の舞台横浜スタジアムは台風15号の進路に悩まされる。

私のような全国各地からの遠征組はヤキモキしただろう、、

しかし、当日初めて訪れた横浜スタジアムには3万人を超えるファンが居た。

ヤフオクドームに馴れてしまった私には新鮮な屋外スタジアム。

当たり前だがそこには空があり、小さな雨が落ちていた。

ライブスタートから終演まで大きな雨と風は無く、雨が止む時間もあった。

日が暮れてからは雨粒が照明に映え、極上の演出のようにすら感じる。


セットリストもアルバム「THE ANYMAL」のリリースツアーの意味合いが強かったアリーナツアーとは違い、オールリストからを見事に配し、それこそ小さな小屋で観た以来の「Miree」には感激した。

2016年4月移転前のVoodoo Lounge。初めて観た日だ。対バンはSANABAGUN.とnever young beach。

紅白のMCを聴いた時に思い出したものだ。

新曲「藍情」はやはりブルージーだった。「THE ANYMAL」の延長線上にある。

やはりSuchmosは世界を見ていると思った。

ファンと共に世界へ飛び出そうとしているかのようだ。

福岡の小屋から、横浜アリーナ・横浜スタジアムと訪れる事のなかった場所迄連れて来てくれた。

次は世界的なビッグフェスに連れて行って欲しい。


Mireeと同じ1at EP『Essence』収録の「Life Easy」だけは横浜アリーナでも国際センターでも横浜スタジアムでもラストチューンだ。まさにSuchmosのEssenceのままなのが嬉しかった。

「どこへでもゆける、信じることが真実さ」



PHOTO Yosuke Torii


YMM

WIPER

Alright

DUMBO

Miree

STAY TUNE

In The Zoo

藍情(新曲)

OVERSTAND

MINT

TOBACCO

WHY

BODY

Hit Me, Thunder

Pacific Blues

A.G.I.T.

Burn

808

GAGA

VOLT-AGE

~アンコール~

 Life Easy

 2019/09/08横浜スタジアム




栗田 善太郎
栗田 善太郎

栗田 善太郎 ZENTARO KURITA

facebook instagram twitter

1971年福岡市生まれ。大学時代からラジオ制作に携わる。
2015年 cross fm特別番組『HAPPY HOUSE 〜 The Family's Starting Point〜』で民間放送連盟賞 第11回日本放送文化大賞グランプリ受賞
2018年 CROSS FM特別番組『Let the Good Times Roll!!』が平成30年日本民間放送連盟賞 ラジオエンターテインメント番組部門で、最優秀賞を獲得。
現在はCROSS FM URBAN DUSK、CROSS FM MUSIC AMP、KBC MUTE RADIOを担当。
BIGMOUTH WEB MAGAZINE編集長
SpotifyのPLAYLIST→ http://urx3.nu/Rl6I