Bigmouth WEB MAGAZINE

音楽MUSIC

リクオ『オマージュ-ブルーハーツが聴こえる』が先行配信

リクオ『オマージュ-ブルーハーツが聴こえる』が先行配信

ローリングピアノマンリクオが54日に3年振りのスタジオアルバム『グラデーション・ワールド』をリリース!

アルバム・リリースに先がけて、仲井戸 "CHABO" 麗市がギター参加したアルバム収録曲「オマージュ -ブルーハーツが聴こえる」を各ダウンロード販売サイト及び Itunes Music、Spotify にて 4 月 15 日 ( 月 )より緊急先行配信!同時にミュージック・ビデオを YouTube にて公開した。


ロックユーザーなら誰もが共感した名曲たちの歌詞が散りばめられ、心打つメロディと共に見事に1曲にまとめ上げられている。

30年前にティーンエージャーだった我々の心に訴えかけてくる。


兎に角、、PLAY ボタンをクリックして欲しい。

平成30年の自分史を振り返るタイミングになるはずだ。


アルバム詳細、ツアー情報は後日アップします!





リクオプロフィール

京都出身。90 年 11 月にミニアルバム『本当のこと』でメジャーデビュー。ソウルフルなヴォーカルと幅広いソングライティング、グルーヴィーなピノスタイルで、注目を集める。'92 年、忌野清志郎プロデュースによるシングル「胸が痛いよ」をリリース。'90 年代は、セッションマンとしても活躍し、忌野清志郎、オリジナル・ラブ、ザ・ブルーハーツ、真心ブラザーズ等のツアーやレコーディングに参加。'90 年代後半より、インディーズに活動を移行。 年間 120 本を越えるツアーで鍛えられたファンキーなライブパフォーマンスは、世代・ジャンルを越えて熱狂的な支持を集め、いつしかローリング・ピアノマンと呼ばれるように。

'12 年から、コラボ・イベント「HOBO CONNECTION」を主催し、竹原ピストル、仲井戸“CHABO”麗市、

奇妙礼太郎、TOSHI-LOW(BRAHMAN)、ウルフルケイスケ、大木温之(ピーズ)、 YO-KING(真心ブラザーズ)、七尾旅人、中川 敬(ソウル . フラワー . ユニオン )等多くのミュージシャンとのコラボ・ライブを繰り広げる。


リクオ WEB SITE



栗田 善太郎
栗田 善太郎

栗田 善太郎 ZENTARO KURITA

facebook instagram twitter

1971年福岡市生まれ。大学時代からラジオ制作に携わる。
2015年 cross fm特別番組『HAPPY HOUSE 〜 The Family's Starting Point〜』で民間放送連盟賞 第11回日本放送文化大賞グランプリ受賞
2018年 CROSS FM特別番組『Let the Good Times Roll!!』が平成30年日本民間放送連盟賞 ラジオエンターテインメント番組部門で、最優秀賞を獲得。
現在はCROSS FM URBAN DUSK、CROSS FM MUSIC AMP、KBC MUTE RADIOを担当。
BIGMOUTH WEB MAGAZINE編集長
SpotifyのPLAYLIST→ http://urx3.nu/Rl6I