Bigmouth WEB MAGAZINE

酒場SAKABA

コムギロードトリップ Vol.5

コムギロードトリップ Vol.5

博多の秋は力士。

大相撲九州場所前から福岡県各地に相撲部屋の宿舎が立ち、いわゆるお相撲さんを見かける。

私の住む福岡市南区でも八角部屋や陸奥部屋があり、自転車に乗ったり、コンビニで立ち読みする若い衆。

この風景は私が子供の頃から変わらない。

そりゃ朝晩肌寒くなるわな、、場所が終われば博多は冬だ。

スイーツ親方こと、芝田山親方がラジオ番組に来てくれたことがあった。

番組は『KBCラジオ 森山日出一のラーメン・ラーメン・ラーメン』

魁龍の店主森山さんと私が担当し金曜深夜にOAしていた番組だ。

長寿番組としてアルコアンドピースが取材に来たことも。

兎に角森山さんのラーメンに対する思いと、食に特化した30分。

この番組は硬派だが『バリカタ』は禁句。

私も森山さんもバリカタなんて旨くないと徹底していたからだ。

「そもそも小麦は火を通さんと消化に悪かったい!」

森山さんのラーメン店『魁龍』に来る客が、茹で加減やら聞いても無いのにバリカタ!とぬかすもんだから、

キレまくる話は最高だ。

「お客様、当店は初めてでらっしゃいますよね、、ウチはバリカタは御座いませんので、ギリギリ固めに茹であげてもよろしいでございましょうか〜」

と笑顔で接客。

兎に角、ラーメン馬鹿だと本人が言うほど、へんこもん!

たまーに森山さんと魁龍のラーメンに会いたくなる!!

どトンコツラーメン「魁龍 博多本店」

月曜日の14時過ぎ、ランチ客が落ち着く頃を目指す。

店内に入れば森山さんの笑顔。

「老けたね〜くりぜん!」

一回り上の森山さんはぜーんぜん変わらん、、


ホークス武田がルーキーの頃から通う魁龍

「武田手術ですってねぇ〜」

「そうなんよ〜日本シリーズであったときも、」と会話しながら

魁龍ラーメンとおにぎりを注文!

メニューを見て貰えればわかりますが、、いわゆる博多や長浜ラーメンよりお値段が高く感じるかも。

魁龍は濃厚な久留米ラーメンスタイル。

更にどトンコツと言われるのには訳がある!!

それは後ほど。。

ご飯物を頼むと出てくる、これ!

絶対ラーメンに入れたらあかーんやつ『魁獣みそ』

オリジナルのピリ辛味噌は

こげんして白飯と食います。

この味噌が欲しいから米注文です。

よって替え玉はなし!!

森山さんは替え玉も好かーん言うて、自分が食べる時は他店でもおかわりして2杯にするほど。

「味の変わろうが!」が言い分。

ぬるいスープで食うのもですね、、わかります!!

そして我が前に供された魁龍ラーメン!!

ワンタンと細いシナチクがたまらんと!!

画像で伝わらんと思うのですが、、スープの粘度が高いんです!!

濃ゆいんです。どトンコツなんです!!

熊本も豚頭でスープを取りますが、魁龍は豚頭と背脂のみを24時間かけて取るスープ。

これだけでも濃厚なのですが、減った分だけ継ぎ足す『呼び戻し』なので更に濃い!

所謂1杯分に集約されているトンコツエキスが他店の2杯分から3杯分程なんです!!!

だから原価もかかってるんですね、、、というか安い!安すぎるよ!森山さん!!

加水の少ない中細ストレート麺が完璧な茹で具合!!うまい!うまいよ!森山さん!!

スープを飲み干せば骨粉が残る。

有名チェーン店の『こってり』とはわけが違う。。天然の粘度。

まさに唯一無二の1杯。


懐かしき番組ポスターも店内に。

確かに俺だけ老けてる(笑)

わかったか?

魁龍 博多本店

福岡市博多区東那珂2-4-31

092-483-4800

営業時間 11:00~21:00

年中無休(元日のみ休み)

栗田 善太郎
栗田 善太郎

栗田 善太郎 ZENTARO KURITA

facebook instagram twitter

1971年福岡市生まれ。大学時代からラジオ制作に携わる。
2015年 cross fm特別番組『HAPPY HOUSE 〜 The Family's Starting Point〜』で民間放送連盟賞 第11回日本放送文化大賞グランプリ受賞
2018年 CROSS FM特別番組『Let the Good Times Roll!!』が平成30年日本民間放送連盟賞 ラジオエンターテインメント番組部門で、最優秀賞を獲得。
現在はCROSS FM URBAN DUSK、CROSS FM MUSIC AMP、KBC MUTE RADIOを担当。
BIGMOUTH WEB MAGAZINE編集長
SpotifyのPLAYLIST→ http://urx3.nu/Rl6I